ホーム > 診療のご案内 > 茶あざ(扁平母斑)

茶あざ(扁平母斑)

茶あざ(扁平母斑)とは?

茶色のあざ(扁平母斑)は2種類のレーザーを用いて治療します。あざの辺縁がギザギザしているもの、肩から腕にひろがっているもの(ベッカー母斑)は比較的きれいになります。一部の茶あざはレーザーに反応しないためテスト照射を行います。 生後1才までの治療で有効率が上がります。一旦治癒しても再発することがあります。また、保険で治療が受けられます。