ホーム > 診療のご案内 > 老人性色素斑

皮膚腫瘍・粉瘤(ふんりゅう)・アテロームについて

老人性色素斑

外用療法

特殊な塗り薬で色素斑を少しづつ薄くします。
3ヶ月間外用して除去できない色素斑についてはレーザーないし光療法を行います。

Qスイッチレーザー

色素斑は、コイン大~ソバカス大など大きさはさまざまです。麻酔クリーム外用1時間後にレーザー治療を行います。1週間ほどでカサブタが落ちれば終了です。顔の場合、施術前後にハイドロキノンやトレチノインといった外用を行う必要があります。腕やスネの色素斑も取ることができます。