ホーム > 診療のご案内 > わきが・多汗症

わきが・多汗症

わきが(腋臭症)・多汗症について

腋臭症

このニオイは脇のアポクリン腺からでる汗に細菌やカビが感染し、汗が分解された臭気です。細菌やカビが繁殖しないよう制汗剤で汗の量を減らしたり消毒剤で殺菌するだけでかなりニオイを軽減できますが、さらに気になる方はレーザー脱毛か超音波メス治療をお勧めします。

多汗症

通常、脇の多汗の症状は汗が多いだけでなく黄色ないし赤みがかかったアポクリン腺由来の汗が下着に付着する傾向にあります。このような場合には超音波メスによる手術が最適です。
どの方法を選ばれても入院の必要はありません。一度ご相談ください。

皮弁法(超音波メス使用)

ニオイの少ない方から多い方まで、すべての腋臭症が適応となります。 手術は、局所麻酔後、脇に1cm程度の切開を2箇所入れ、その部から超音波メスを脇の皮膚の下に挿入。ニオイや汗の元となるアポクリン腺、エクリン腺を超音波で破壊、除去します。血管や神経を傷つけることなく温存するため、出血が少なく安全です。片側30分程度。ガーゼでの圧迫が軽度でよいため術後の生活がとても楽です。手術後の痛みは少なく、鎮痛剤の不要なこともあります。1週間目以降に反対側の超音波メス治療を行います。

施術料金

※保険適用

術後のケアーと注意点

術後10日間:肘から手に関しては自由に動かせますが、脇はあまり動かさないようにしてください。
術後2~3ヶ月:創部が硬いことがありますが次第に軟らかくなっていきます。
術後3~6ヶ月:創部色素沈着を認めることがありますが、徐々に薄くなります。気になる場合は美白剤等の処方をすることができます。
※個人の体臭等は消えません。汗・ニオイの再発が気になる場合はスタッフにご相談ください。
※手術の効果には個人差があります。詳しくは医師とご相談ください。

ディスポート(ボツリヌストキシン)注射

わきの皮膚に注射すると約6ヶ月間発汗が止まります。

ディスポート注射 両脇 ¥84,000円/回